Copyright © Muramusubi All rights reserved.
Page Top

掲示板

2018年02月01日

みんなの日誌

【今月の村特集〜鹿児島県・十島村〜】

鹿児島県東シナ海上に浮かぶトカラ列島。
最北は口之島、最南を横当島として直線距離は約160kmもあり、”日本一長い村”と知られています。
有人島は全部で七つあり、鹿児島港から奄美大島の名瀬港まで週二日、片道およそ17時間をかけて島々をフェリーが行き来しています。

十島村の始まりは古く、明治以前、現三島村である上三島(黒島、硫黄島、竹島)と合わせてトカラ列島を十島(じっとう)と称している。
1908年(明治41年)の島嶼町村制施行に伴い、十島村(じっとうそん)が設置されるも、第二次世界大戦後にアメリカの施政化によって行政が分かれている。そういった経緯から、1952年(昭和27年)「大島郡十島村の境界」により上三島を「三島村」、以南の島を「十島村」称するようになりました。

紆余曲折を経て、様々な文化が入り混じる十島村。
その中でも、宝島で獲れるトビウオや島カツオ等の海産物をメインに一ヵ月の特集をさせていただきます。
東シナ海で育った海の恵みを存分にご堪能ください。

文 白戸 優太