Copyright © Muramusubi All rights reserved.
Page Top

掲示板

2017年11月11日

献立紹介

【明日葉の自家製ソーセージ】東京都・新島村

明日葉の葉を細かく刻み、ソーセージにしました。
噛むごとにブラックペッパーの辛さと、明日葉独特の爽やかな風味が広がります。
おつまみにオススメです。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和

2017年11月11日

献立紹介

【明日葉の二種盛り】東京都・新島村

「今日摘んでも明日には新しい芽が出る」といわれるほど生命力の強い明日葉。 
新島を含む伊豆諸島の名産品として親しまれています。
そんな明日葉を、シンプルに天ぷらとお浸しでどうぞ。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和

2017年11月11日

献立紹介

【鹿肉の竜田揚げ】熊本県・水上村

「やっぱり私は鹿カツよりもこの竜田揚げね!」様々な鹿肉の料理を試みてきた地元のお母さんのなかでもおすすめの食べ方がこの竜田揚げ。しっかりと漬け込んだ芳醇な鹿肉をお楽しみください。

文 大石 哲嗣
写真 幸 秀和

2017年11月11日

献立紹介

【山女魚の唐揚げ(限定)】熊本県・水上村

球磨川源流の最奥地で釣られた天然山女魚。独自の色合いと尾びれの形が天然モノを彷彿させます。地元のお父さんにお裾分けしていただいた逸品を頭から尻尾までまるごとどうぞ。

文 大石 哲嗣
写真 幸 秀和

2017年11月11日

献立紹介

【山女魚の甘露煮】熊本県・水上村

九州醤油で仕上げた甘めの甘露煮も山女魚の美味しいいただき方のひとつ。骨まで柔らかくなったホロホロの甘露煮で、頭から尻尾まで川の幸をくまなくお楽しみください。

文 大石 哲嗣
写真 幸 秀和

 
 

2017年11月11日

献立紹介

【鹿肉のコロッケ】熊本県・水上村

水上村がアスリート向けに考案したレシピをもとに、少々アレンジした一品。脂質の少ない鹿肉が思いのほかホクホクのじゃがいもにマッチします。ご飯のお供におすすめです。

文 大石 哲嗣
写真 幸 秀和

2017年11月11日

献立紹介

【山女魚の塩焼き】熊本県・水上村

大振りの山女魚をシンプルに塩焼きで。球磨川の清流で育った山女魚に、水上村の桜の花びらを使った桜塩を彩りに加えてご提供します。

文 大石 哲嗣
写真 幸 秀和

2017年11月11日

献立紹介

【鹿肉のたたき】熊本県・水上村

今年からジビエ肉の加工場がオープンした水上村。丁寧に血抜きされ、くさみの少ない新鮮な鹿肉をまずは素材そのままのお味でお召し上がりください。

写真 文 大石 哲嗣

2017年09月26日

みんなの日誌

【今月の村 長野県・栄村】

東京から車でも電車でもおよそ3時間、新潟県と群馬県の間に位置する遠いようで案外近い秘境・長野県栄村。村の面積の9割を森林原野が占め、平家落人伝説やマタギが残るロマンあふれるこの村で、素敵な食材やお料理をおすそわけしていただきました。
日本有数の豪雪地帯がつくりだす栄村の清らかな水と土は、春には豊かな山菜を、夏には希少な天然イワナの原種やとびっきりの夏野菜を育み、秋にはキノコの名産地となります。
今回はそんな栄村のなかでも特産と言える県内一の生産量を誇る夏野菜、ズッキーニを中心にいろいろな食材を集めてきました。
栄村の新鮮なお野菜を村のお母さんたちから教わった田舎ごっつぉ(ご馳走)とともにどうぞお楽しみください。
文 大石 哲嗣
写真 幸 秀和

2017年09月26日

献立紹介

【天然イワナの塩焼き(数量限定)】長野県・栄村

秘境・秋山郷の最奥地で釣られた貴重な天然イワナ。伝承の手づくり毛鉤で竿を振る漁師のお父さんにお裾分けしていただきました。養殖ものとは味も色合いも全く別物、化粧塩で飾られた格別の逸品をご堪能ください。
文 大石 哲嗣
写真 幸 秀和