Copyright © Muramusubi All rights reserved.
Page Top

掲示板

2017年12月05日

献立紹介

【おむすび二種盛り】高知県・北川村

「柚子の佃煮、柚子味噌」
小島山菜グループという村のお母さんグループが手作りしています。
どこか懐かしい昔ながらの味付けの具材を使い、丁寧に結びます。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【かんばもち】高知県・北川村

「かんば」とは、干した芋の事をいいます。
秋口にしか作られていない郷土のお菓子で、噛めば噛むほど、焼き芋のような濃厚な甘みが特徴。
厚切りを焼くも良し、薄切りを揚げるも良し。子供から大人まで、世代を超えて愛されている村のお菓子です。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【柚子ポン酢焼きそば】高知県・北川村

北川村ゆず王国の取締役である加藤さんが考案した、村内初のB級グルメ。柚子特有の酸味と香りが食欲をそそり、ゆずごしょうの辛さが癖になる一品です。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和

2017年12月05日

献立紹介

【ナスの揚げびたし】高知県・北川村

浜渦さんが作るナスは水耕栽培により、種が少なく煮崩れしにくいそうです。そのなかでも、よりナスの味わいが強く楽しめる品種「竜馬」を揚げびたしに致しました。出汁が染み、ほろほろと口の中で蕩けるナスはビールのお供に最適です。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和

2017年12月05日

みんなの日誌

【今月の村特集〜高知県・北川村〜】

東京より五七九キロメートル、高知竜馬空港から車で一時間三十分。
四国の半部を占める高知県の東南に位置する北川村は、一九七平方キロメートルの面積を有する。
徳島県並びに6つの市町村に隣接し、山々に囲まれた村域のほぼ中央部を奈半利川が流れている。

安政元年、翌二年と地震に見舞われた土佐。
床に臥せる大庄屋の父に代わり、その手腕を振るったのが幕末の志士 中岡慎太郎である。
飢餓で高価な塩が買えずに苦しむ農民に、塩代りに防腐や調味料として使おうと、ゆずを植える事を奨励する。
「桃栗3年、柿8年、ゆずはすいすい15年、ゆずの大馬鹿18年」
郷土史家 前田年雄さんが遺した言葉にもある通り、
途方もない月日を要し、なかなか実を付けない柚子と向き合った北川村。今では県のシェアの1/4を占めるほど成長しています。

一人の男が掲げた信念を、今も尚息づいている北川村。
そんないっごそう、はちきんな村民の皆さんに分けていただいた瑞々しい柚子や郷土の食材をぜひご堪能下さい。

文 白戸 優太

2017年11月24日

お知らせ

【12月、年末年始の営業時間のお知らせ】

定休日:月曜日
12月1日(金)18:00〜22:00(L.O.21:00)
・棚卸のため、ディナータイムからの営業となります。

12月28〜2018年1月4日 年末年始休業
・年末年始休業となります。

1月5日(金)18:00〜22:00(L.O.21:00)
・棚卸のため、ディナータイムからの営業となります。

1月8日(月)11:30〜14:00
       18:00〜22:00(L.O.21:00)
・祝日のため、営業しております。

1月9日(火)振替休日


本年も大変お世話になりました。今年もあと少しです。
皆様のご来店お待ちしております。

2017年11月11日

献立紹介

【たたき揚げ】東京都・新島村

「たたき」とは、魚のすり身揚げです。
ご用意したのは新島のお隣、式根島の漁協に勤めるお母さんの特製。 
トビウオやムロアジを使った身は、噛むほど魚の旨味が口一杯に広がります。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和

2017年11月11日

献立紹介

【たたきのつくね】東京都・新島村

魚のすり身に麹味噌混ぜ込み、じっくり焼き上げました。
ふんわりとした触感と薬味の風味をお楽しみ下さい。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和

2017年11月11日

献立紹介

【タカベの塩焼き】東京都・新島村

英名はバターフィッシュと呼ばれるほど、脂がのっている、伊豆諸島なじみの魚です。 
漁の時期は六月から九月までの期間となる貴重なたかべを
ゲストハウス NABLA の梅田久美さんにご協力いただき、仕入れることができました。 
島民が大好きなたかべを塩焼きでどうぞ。

文 白戸 優太
写真 幸 秀和